中華料理を食べましょう

よく和と洋どっち派?なんて耳にすることがありますが、なぜ中華は出てこないのでしょうか?もちろん中華が大好きな方も大勢いらっしゃいますよね?なのに、どちらかというと、和と洋の影に隠れがちなのが中華料理なんですよね。中華というと、どのようなイメージがありますでしょうか?辛いとか、独特とか、結構、癖があるように思われがちです。確かに、中華料理というのは、調味料や食材など、普段は使うことのないようなものが使われているため、なかなか選択肢に上がってこないという状況が生まれているのかもしれません。

しかし、中華料理には、和にも洋にも負けないぐらいの魅力はたくさんあり、むしろ、人間の体にとっては有難い食事なのです。食事というのは、体の中に入り、私たち人間を作ってくれるものですよね。ということは、食事次第で、人は大きな変化を遂げることもあるということです。洋食をよく食べる人と中華をよく食べる人、外見での違いってありますよね。そのため、こんなことを聞きませか?「アジア系の人には、美しい人が多い」ただ、美味しいだけではない、中華料理には、素敵な魅力が秘められているのです。

 

ページの先頭へ